「心温まる!」 本田圭佑が寄付表明、中国メディアも絶賛「義理堅く、親切な人」

被災地へ寄付を表明した本田が称賛されている【写真:Getty Images】
被災地へ寄付を表明した本田が称賛されている【写真:Getty Images】

被災地に対して「毎月10万円を1年間寄付」と発表 中国メディア「称賛に値する」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)で1ゴール1アシストのMF本田圭佑は20日に自身の公式ツイッターを更新し、1年間の寄付を公言した。その行動を受けて、中国メディア「SOHU」は「心温まる!」「ファンの尊敬を集めている」と報じている。

 本田は自身の公式ツイッターで「少額ですが」と記しつつ、「毎月10万円を1年間寄付しようと思います。家族を失われた方々にかける言葉は見つかりませんが、想っています」と寄付を発表した。詳細は明らかにしていないものの、本田は西日本豪雨災害についてこれまでもコメントしており、被災地に対するものと見られる。

「心温まる! ケイスケ・ホンダが寄付」と報じたのは、中国メディア「SOHU」だ。「日本のスターとして、ホンダのプロフェッショナルな姿勢は常にファンから称賛されてきた」と記し、今回の行動についても「ファンの尊敬を集めている」と称えた。

 記事では、2016年イタリア中部地震の際に本田がイタリア赤十字に2万ユーロ(約260万円)を寄付し、さらに2017年のメキシコ地震の時にも寄付し、チャリティーマッチも開催していたことを紹介。「ケイスケ・ホンダが義理堅く、親切な人であることが分かる。寄付は金額の多寡で推し量るものではない。動機に関わらず、その行動は称賛に値する」と絶賛している。

 本田の行動は中国メディアからも注目を浴び、称賛の的となっているようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング