横浜FM自慢の攻撃が大爆発 クラブ歴代最多タイの8発ラッシュで再開初戦白星

横浜FMは伊藤翔のハットトリックなどを含む、クラブ歴代最多タイの8得点を挙げた【写真:Getty Images】
横浜FMは伊藤翔のハットトリックなどを含む、クラブ歴代最多タイの8得点を挙げた【写真:Getty Images】

横浜FMはハットトリックの伊藤を筆頭に8得点を奪取 仙台はクラブ歴代最多失点

 ワールドカップ中断明けで再開したJ1の第16節が18日に行われた。ユアテックスタジアム仙台で行われたベガルタ仙台対横浜F・マリノスの一戦は、アウェーの横浜FMがFW伊藤翔のハットトリックなど圧巻のゴールラッシュを披露し、8-2で大勝した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前半から猛攻を仕掛けた横浜FMは開始2分に左サイドを抜け出したMF遠藤渓太のクロスから伊藤がシュート。GKに防がれるも、MF天野純が押し込んで先制した。同11分には再び左サイドから攻め込み、DF山中亮輔の折り返しを伊藤が合わせて追加点を奪った。

 前半31分にはFW仲川輝人が相手DFの股を抜くミドルシュートを決めて3点目。同33分にはまたも伊藤が決めて前半だけで4点のリードを奪った。

 後半もトリコロールの勢いは止まらなかった。7分に山中がエリア外から強烈なシュートを叩き込んで5-0。同14分には伊藤が三度ゴールネットを揺らし、2013年のサガン鳥栖戦以来2度目のハットトリックを達成した。

 横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督は、約30分を残した段階で伊藤とMF喜田拓也を下げ、FWウーゴ・ヴィエイラとMF大津祐樹を投入する余裕を見せた。そして同25分にはセットプレーからDF金井貢史にもゴールが生まれた。

 仙台のFWジャーメイン良とDF蜂須賀孝治にゴールを許したものの、後半36分には途中出場のFWオリヴィエ・ブマルがヘディングで8点目をマークした。横浜FMの8得点はクラブ歴代最多タイ、仙台の8失点は歴代最多となった。

アウェーの横浜FMは8-2で圧勝し、これでリーグ戦2連勝となった。中断前は13位と苦戦していたが、最後まで指揮官が標榜する自慢の攻撃サッカーが火を吹いた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング