「なぜ日本ではない?」 スペインの“フェアプレー賞”にSNSで議論白熱「ラモスが…」

スペインの“フェアプレー賞”にSNSで議論が白熱している【写真:Getty Images】
スペインの“フェアプレー賞”にSNSで議論が白熱している【写真:Getty Images】

FIFAが各賞を発表 「警告2枚」のスペイン受賞は妥当だが、“日本推し”の意見も…

 フランスの20年ぶり2度目の優勝でロシア・ワールドカップ(W杯)は幕を閉じ、決勝戦後の表彰式では各種タイトルが発表された。クロアチア代表MFルカ・モドリッチのゴールデンボール(大会最優秀選手)、ベルギー代表GKティボー・クルトワのゴールデングローブ(大会最優秀GK)、フランス代表FWキリアン・ムバッペのベストヤングプレーヤー賞など納得の選出となった一方、フェアプレー賞についてはSNS上で“日本推し”の議論が出ている。

 W杯の公式ツイッターアカウントでは、決勝戦後に各種表彰者を発表。その中にはチームでのフェアプレー賞を含まれており、ベスト16敗退に終わったスペイン代表が受賞した。それに対して日本人と思われる、あるアカウントが、英語でこのようにリプライしたことが発端となった。

「なんで? 日本はこの賞に値すると思うんだけど」

 今大会の日本はファウル数を極力抑えたディフェンスで奮闘、ベルギー戦でも大熱戦を繰り広げた。またピッチ外ではサポーターや試合後の“キレイなロッカールーム”が話題となるなど、世界へ大きなインパクトを残した。それもあってか、ベルギー人と見られるアカウントなどからは「僕はこの賞は日本が有力候補だと思うよ」、「これは日本が100%ふさわしい」などポジティブな意見が出ていた。

 逆にフェアプレー賞を受賞したスペインに対しては、警告数がDFジェラール・ピケとMFセルヒオ・ブスケッツの2枚だけだったこともあり、妥当な受賞とも言えるが、ツイッター上ではこのような皮肉が並んでいる。

「セルヒオ・ラモスがフェアプレーだって? この賞には日本が値するよ」

「なぜなら日本代表相手にセルヒオ・ラモスがプレーしていないからな」

「日本は本当にフェアプレーにのっとったチームだ。だけど(GKの)ダビド・デ・ヘアはライバル相手に“フリーゴール”を許したからな。また別次元のレベルのものだ」

 ハードチャージが何かと物議を醸すDFセルヒオ・ラモス、今大会低調なパフォーマンスだったGKダビド・デ・ヘアがとばっちりを受けるような形になっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング