「バロンドールに興味はない」 仏19歳FWムバッペ、決勝進出に歓喜「W杯が欲しい」

19歳にしてフランス代表の「10番」を背負うムバッペ【写真:Getty Images】
19歳にしてフランス代表の「10番」を背負うムバッペ【写真:Getty Images】

ベルギーを1-0で破り初出場のW杯で決勝進出 「想像を絶するよ」

 フランス代表の若きエースFWキリアン・ムバッペは、ロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝でベルギーに勝利すると「想像を絶する」と興奮気味にコメント。そして「バロンドールに興味はない。W杯が欲しい」と語った。フランス紙「レキップ」が報じている。

「想像を絶するよ。人生、未来の人生でも常に夢だ。今も言葉にならない」

 ムバッペは、相手の猛攻に耐えつつセットプレーからDFサムエル・ウムティティの決勝ゴールで1-0の勝利を収めたベルギー戦後、興奮冷めやらぬ様子で語ったという。自身は後半、ゴール前でトリッキーなターンからFWオリビエ・ジルーにラストパスを供給する見せ場こそあったが、持ち前のスピードを発揮する場面は限られた。それでも、決勝進出という結果に喜びを隠せないようだ。

「想像もしていなかったけど、でも、まだ夢を見たい。もしチームのために働けないのなら、ここにいることはできないから。僕にそれができるというのが、本当に重要なことだ」

 フランスはムバッペが生まれた1998年に自国開催のW杯で頂点に立った。大会中、それを問われたディディエ・デシャン監督は「(98年は)フランスにとって最高の年だったということだね」と冗談交じりに語るなど、新星ムバッペの果たしている役割は大きい。ここまで、2ゴールと高速ドリブルでのPK獲得で世界に衝撃を与えたアルゼンチン戦を含めて、大会3ゴールを挙げてきた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング