主将アザールが準決勝の対戦前に大胆告白 「ベルギーよりもフランスが好きだった」

ベルギー主将アザールが準決勝の対戦前に大胆告白【写真:Getty Images】
ベルギー主将アザールが準決勝の対戦前に大胆告白【写真:Getty Images】

幼少期には憧れの“10番・ジダン”のユニフォームを着て兄弟と記念撮影

 ロベルト・マルティネス監督率いるベルギー代表は、現地時間10日のロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝で1998年大会王者のフランス代表と対戦する。この大一番を前に、初優勝を目指すベルギー主将のFWエデン・アザールは、子供の頃はフランス代表の大ファンだったと明かした。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 幼少期、アザールはティエリ・アンリ氏、ジネディーヌ・ジダン氏、パトリック・ビエラ氏らスター選手が揃っていた1998年大会のフランス代表に憧れていたという。実弟のベルギー代表MFトルガン・アザール(ボルシアMG)と、FWキリアン・アザール(チェルシー)たちと、3人で“レ・ブルー”の背番号10を着て撮影した写真も残っているほどだ。

 アザールは衛星放送「ビーイン・スポーツ」のインタビューで、「98年(フランス代表)を見て育った。たぶん、当時の僕たちはベルギーよりもフランスが好きだったと思うよ」と告白した。

 今大会のフランス代表チームでは、19歳の新星FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)と、チェルシーで同僚のMFエンゴロ・カンテとは特に仲が良いようだ。

「ムバッペ? 何度も電話で話したよ。子供の頃は彼が僕のことを追いかけていたのに、今じゃ僕が彼を追いかけているんだよ! 彼の年齢でやっていることを、心からリスペクトしている。現代サッカーでは前代未聞だろう。エンゴロ・カンテとは年中一緒にプレーしているよ。あのポジションでは、彼が世界最高だと思うね。彼がベストの状態でプレーすれば、その試合は95%の確率で勝てるだろう」

 アザールはかつて憧れたフランス代表を破り、念願のW杯制覇へ近づけるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング