ネイマールの“ダイブ”を各国メディア揶揄 「シミュレーター」「プールに飛び込むのか」

ネイマールのフェアプレー精神の欠如が集中砲火を浴びている【写真:AP】
ネイマールのフェアプレー精神の欠如が集中砲火を浴びている【写真:AP】

ベルギーに敗れW杯8強敗退 大袈裟にファウルをアピールする姿に批判集まる

 ブラジル代表FWネイマールは、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝ベルギー戦に1-2で敗れて大会を去ることになったが、その“ダイブ癖”は世界各国のメディアから集中砲火にあっている。

 今大会のネイマールは、以前から指摘されていた以上に大袈裟にファウルをアピールし、ペナルティーエリア内でPKを獲得するために転がる姿が目立った。この試合の後半でも、ペナルティーエリア内にドリブルで切り込んだ際に、不自然に足を後ろに残して相手の足に躓いたようにして転んだ。しかし、セルビア人のミロラド・マジッチ主審は「早く立ち上がれ」のジェスチャーを送り、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)での映像確認すら必要としなかった。

 隣国のライバル、アルゼンチンの「オレ」紙は、このブラジル敗退の象徴的なカットに、ゴール前で膝をついて手を挙げるネイマールの写真を掲載。そして「ネイ、奴はシミュレーターだ」と報じた。

 さらにスペイン紙「スポルト」は、「ネイマールはプールに飛び込みたかったのか」と、前述のシーンで不自然に両足を揃えて地面に転がろうという瞬間の写真を掲載している。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」では「4点」の低評価とともに「26歳の子ども」と評された。

 世界屈指の才能を持ちながら、大袈裟にジャンプして転がるプレーにより「ダイバール」とも揶揄されるブラジルのエースは、世界中からフェアプレー精神の欠如が集中砲火を浴びてしまっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング