「後輩だけど人として尊敬できる」 長友佑都が絶賛した日本代表の意外な男とは?

「人として尊敬できる」長友が絶賛した選手とは?【写真:Getty Images】
「人として尊敬できる」長友が絶賛した選手とは?【写真:Getty Images】

長友、“腐らず、ふてくされず、へこたれず”を貫いたDF槙野を名指し

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。初のベスト8進出は叶わなかった日本だが、DF長友佑都はある選手の献身的な姿に心を打たれたと明かし、「人として尊敬できる」と語っている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表は史上初のベスト8進出に肉薄したが、2点差をひっくり返される逆転負けを喫してベスト16で大会を後にした。左サイドバックで4試合にフル出場した長友は「11対11では勝っていない。ベルギー戦、良い試合をしたかもしれないけど、結局自分たちの実力がベスト16にも及ばないというのが正直ある」と振り返っている。

 ロシア大会では、試合早々に相手に退場者が出たグループリーグ初戦コロンビア戦(2-1)のみの勝利に終わっており、第2戦セネガル戦(2-2)、第3戦ポーランド戦(0-1)という結果に終わった。その一方で、ベルギー戦の戦いぶりについては「自分たちにできることを出したと思う。世界に恥じないプレーができた」と胸を張っている。

 そんななか、長友は「後輩なんだけど、人として尊敬できると思った」と名指しした選手がいる。ロシア大会ではポーランド戦のみの出場に終わったDF槙野智章だ。当初、西野朗監督率いるチームで主力と見られた槙野だが、大会が始まるとDF昌子源にスタメンの座を奪われた。それでも槙野は“腐らず、ふてくされず、へこたれず”を貫いていたという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング