ブラジルとウルグアイが準々決勝で敗れ南米勢全滅 3大会ぶりに欧州勢が4強独占

南米大陸の出場5カ国がベスト8までに姿を消し、今大会のベスト4は欧州勢で占められることが確定した【写真:Getty Images】
南米大陸の出場5カ国がベスト8までに姿を消し、今大会のベスト4は欧州勢で占められることが確定した【写真:Getty Images】

出場5カ国がベスト8までに姿を消す

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は現地時間6日に準々決勝の2試合が行われ、ウルグアイがフランスに0-2、ブラジルがベルギーに1-2と敗れ、南米勢が大会から姿を消すことになった。

 2010年大会以来のベスト4進出を狙ったウルグアイは、FWエディンソン・カバーニの負傷欠場が響き攻撃の迫力を欠いた。前半40分にセットプレーからフランスのDFラファエル・ヴァランに先制点を奪われると、後半16分にはFWアントワーヌ・グリーズマンの強烈な無回転シュートを、ウルグアイGKフェルナンド・ムスレラが痛恨のファンブル。0-2で敗れた。

 2002年大会以来、6度目のW杯制覇を狙った王国ブラジルは、ベスト16で日本を3-2で破ったベルギーと対戦。今大会4連勝と勢いに乗る相手に対し、前半13分にMFフェルナンジーニョのオウンゴールで先手を奪われると、同31分にはカウンターからMFケビン・デ・ブライネに強烈な一撃を叩き込まれ2点を追う展開となった。その後、ブラジルは猛攻を仕掛け後半31分にMFレナト・アウグストが1点を返すも反撃及ばず、王座奪還の野望は潰えた。

 この結果、今大会に出場しているその他の南米勢は、アルゼンチンとコロンビアがベスト16、ペルーがグループリーグで敗退しており、5カ国すべてが準々決勝で姿を消すことに。南米勢がベスト4に1チームも残れないのは、2006年ドイツ大会以来、3大会ぶり(イタリア、フランス、ドイツ、ポルトガル)。現地時間7日に行われる準々決勝残り2試合はスウェーデン対イングランド、ロシア対クロアチアとなっており、今大会のベスト4は欧州勢で占められることが確定した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング