名将モウリーニョが“ダイブ疑惑”のネイマールを擁護 「彼だけ批判することは不公平」

モウリーニョ監督が、「ダイブ」行為で非難の的となっているネイマールについて言及【写真:Getty Images】
モウリーニョ監督が、「ダイブ」行為で非難の的となっているネイマールについて言及【写真:Getty Images】

過剰なリアクションに非難が殺到するなか、他の選手も同様の行為をしていると主張

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、過剰なリアクションで審判を欺く「ダイブ」行為で非難の的となっているFWネイマールについて言及。「彼だけ批判することは不公平だ」と持論を展開した。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)でブラジルの10番としてプレーしたネイマールだが、卓越した得点能力やテクニックを見せる反面、相手選手との接触プレー後に見せる過剰な反応にサポーターから批判が集まっていた。

 ロシア公共テレビ局「RT」でW杯の解説を務めるモウリーニョ監督は、審判を欺く行為をしているのはネイマールだけでなく、コロンビア戦で先発フル出場したイングランド代表DFハリー・マグワイアも同様だとし、「人々はネイマールに焦点を当てている。それが彼だけだったら私も満足だが、そうではない」と語った。

「全てのチームに多くのダイブがあり、演技があり、レフェリーに多くのプレッシャーをかけている。私にとってそれはネガティブなポイントであり、試合の質を失うことになる。これはコロンビア対イングランドのことではない。ほぼ全ての試合でレフェリーの仕事を難しくなるような行為が行なわれている。VAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)があっても選手たちは問題を作り出しているんだ」

 モウリーニョ監督は、「選手たちは何十億人もの観衆の前でW杯をプレーしていることに責任を感じるべきだ」とプロとしての責務を説き、残りの試合では審判を欺く行為が減ることに期待している様子だった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング