英雄マラドーナが審判を痛烈批判 「コロンビアは歴史的な強盗に遭った」発言で波紋

マラドーナ氏が審判を痛烈批判し物議を醸した【写真:Getty Images】
マラドーナ氏が審判を痛烈批判し物議を醸した【写真:Getty Images】

イングランド主将ケインがコロンビアMFサンチェスに倒されてPKとなったが…

 熱戦の続くロシア・ワールドカップ(W杯)で、スタンドから話題を提供してきたのがアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏だ。すでに母国アルゼンチンは決勝トーナメント1回戦のフランス戦(3-4)に敗れてベスト16で姿を消したが、現地時間3日のコロンビア対イングランド戦のPK判定を巡り、「コロンビアは歴史的な強盗に遭った」と過激発言をして物議を醸した。衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

 イングランドがW杯初のPK戦勝利を収めたコロンビア戦が動いたのは後半12分だった。主将のFWハリー・ケインがPKで先制点を決めたが、この判定に噛みついたのがマラドーナ氏だった。

「コロンビアは歴史的な強盗の被害者となった。レフェリーのガイガーはアメリカ人で野球のルールは知っているが、フットボールのルールについては確実に分かっていない。泥棒だ」

 問題のシーンはイングランド代表の右CKのチャンス。コロンビアMFカルロス・サンチェスは、ボールのない場面でマークについたケイン相手に激しいボディーコンタクトを試みた。最終的にはケインの背後から馬乗りになる格好となり、アメリカ人主審マーク・ガイガー氏は迷わずPKスポットを指差した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング