ケイン、ルカク、ムバッペらが狙う優勝&得点王W受賞 過去に達成した偉大な3人は?

(左から)ムバッペ、ケイン、ルカク、カバーニは、優勝&得点王のW受賞を狙う【写真:Getty Images】
(左から)ムバッペ、ケイン、ルカク、カバーニは、優勝&得点王のW受賞を狙う【写真:Getty Images】

現在ケインが6得点でトップ ルカクが4得点、カバーニとムバッペらが3得点で続く

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は8強が出揃った。大会も残すところ8試合となったが、優勝争いもさることながら、得点王レースも最後まで熾烈な争いが続いていくだろう。英サッカー専門メディア「フットボール365」は、過去のW杯で優勝と得点王をダブル受賞した三人の男を紹介。かつて“怪物”と呼ばれた元ブラジル代表FWロナウドらが取り上げられている。

 過去のW杯で優勝トロフィーとゴールデンブーツの二冠に輝いた選手は、わずか三人しかいない。今大会では6得点でトップに立つイングランド代表FWハリー・ケイン、4得点のベルギー代表FWロメル・ルカク、そして3得点のウルグアイ代表FWエディソン・カバーニやフランス代表FWキリアン・ムバッペらにチャンスが残されているが、彼らがこれから紹介する三選手のようになれるか注目が集まる。

 最初に取り上げられているのが、1978年アルゼンチンW杯で母国を優勝に導き、国民的ヒーローになったアルゼンチン代表FWマリオ・ケンペスだ。1次リーグこそ無得点だったが、2次リーグで4ゴールを奪うと、決勝戦となったオランダ戦では決勝ゴールを含む2得点で勝利に貢献。この大会では6得点を挙げて得点王とW杯制覇を成し遂げている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング