英代表FWケイン、3戦6ゴールで得点王へ快走! 29カ国のW杯通算得点をすでに凌駕

イングランド代表のハリー・ケインが、得点王争いで独走態勢を築いている【写真:Getty Images】
イングランド代表のハリー・ケインが、得点王争いで独走態勢を築いている【写真:Getty Images】

出場3試合で6ゴール、驚異の得点率でチームを8強に導く

 イングランド代表は現地時間3日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でコロンビア代表と対戦し、1-1で迎えたPK戦の末に4-3で勝利した。過去3戦全敗だった苦手なPK戦で競り勝ち、ベスト8進出を果たしたなか、この日もゴールを決めたのはエースFWハリー・ケインだった。

 後半12分、相手選手のハンドで得たPKをケインがネットに突き刺し先制。これが今大会3試合目の出場で6ゴールとなり、2位タイで並ぶベルギー代表FWロメル・ルカクと、すでに敗退しているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに2ゴール差をつけ、得点王争いで独走態勢を築いている。

 また、データ会社「オプタ」によれば、ケインが決めた6ゴールはこれまでW杯に出場してきた29カ国の通算得点記録を上回る数字になったという。今大会の参加国で見ると、エジプト(5得点)、パナマ(2得点)、アイスランド(2得点)のW杯通算得点を、ケインは1大会だけで凌駕したことになる。

 ベスト8ではスウェーデンと対戦、その試合に勝利すれば準決勝でクロアチアかロシアの勝者と戦う。この4カ国で唯一の優勝経験国であるイングランドが勢いに乗って勝ち進んでいくことになれば、ケインのゴール記録はさらに伸びそうだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング