「歴史を作った」 イングランド監督、PK戦“初勝利”の選手称賛「まだ家に帰りたくない」

イングランドのサウスゲイト監督(左)は選手たちを褒め称えた【写真:Getty Images】
イングランドのサウスゲイト監督(左)は選手たちを褒め称えた【写真:Getty Images】

W杯で3戦全敗だったPK戦でコロンビアを破り、3大会ぶりの8強進出

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦コロンビア対イングランドが現地時間3日に行われ、イングランドが1-1で突入したPK戦を4-3で制した。W杯では初めてPK戦で勝利を飾り、3大会ぶりの準々決勝進出を決めたイングランドのギャレス・サウスゲイト監督は「歴史を作った」と選手を称賛し、「まだ家に帰りたくない」と意気込みを語った。英公共放送「BBC」が報じている。

 イングランドは後半12分に主将FWハリー・ケインがPKで今大会単独トップの6得点目を挙げて先制した。しかし、試合終了間際の後半アディショナルタイム3分にセットプレーから失点し、試合は延長戦にもつれ込んだ。

 さらに15分ハーフを戦い、計120分間でも決着はつかず。イングランドはW杯で3戦全敗と苦手のPK戦に挑むことになったが、GKジョーダン・ピックフォードがコロンビアFWカルロス・バッカのシュートをセーブする活躍を見せ、PKスコア4-3で勝利を収めた。

「今日はイングランド人にとって特別な夜になった」

 試合後、サウスゲイト監督は歴史を塗り替えたPK戦での勝利に喜びを爆発させた。「自分たちの物語を作り上げ、歴史を作った」と選手たちを称賛し、さらに「特別なこと。私はまだ家には帰りたくないんだ」とW杯でさらなる躍進を見せたいと意気込んだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング