本田圭佑、自らの魂を受け継ぐ“後継者”を示唆 「相応しい奴は何人か見つけている」

本田圭佑、自らの魂を受け継ぐ“後継者”を示唆【写真:AP】
本田圭佑、自らの魂を受け継ぐ“後継者”を示唆【写真:AP】

ベルギー戦を含めて今大会はサブとしての出場が続くも「ベストを尽くした」

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

「4年後は見られない。それはハッキリしている。後はしっかりと伝えたい」

 ベルギー戦後、取材エリアに姿を現わした本田はそう公言した。かねてよりロシア大会がラストW杯と言い続けてきた男は、「今日、活躍した若い世代にしっかり引き継いでもらいたい」と代表から退く考えを示した。

 本田自身は2010年の南アフリカ大会を皮切りに3大会連続出場。ベルギー戦では2-2で迎えた後半36分から投入され、MF中村俊輔に並ぶ歴代8位の代表通算98試合出場に到達した。グループリーグ初戦コロンビア戦(2-1)で1アシスト、第2戦セネガル戦(2-2)で1ゴールと結果を残した一方、一度も先発出場の機会は訪れずに終わっている。それでも本田は「このW杯に関しては途中出場という役割でしたけど、ベストを尽くした」と言い切った。

「優勝を目指してそれができなかったというのは、意志を若手に引き継いでもらいたい」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング