西野監督の想像を超えた“本気のベルギー” 「あそこまで覆されると思ってもいなかった」

西野監督は歴史的快挙を逃し、悔しさを滲ませた【写真:Getty Images】
西野監督は歴史的快挙を逃し、悔しさを滲ませた【写真:Getty Images】

勝ちにいっての痛恨逆転負け「決めたい気持ちはあった」

 日本サッカー史上初のワールドカップ(W杯)8強進出を目の前にしながらも、2点差を逆転された“ロストフの悲劇”――。日本代表の西野朗監督は、2-0とリードした後に始まったベルギー代表の怒涛の猛攻について、「あそこまで覆されると思ってもいなかった」と想定外だったと振り返った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 現地時間2日に行われたロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦、西野監督は茫然自失の表情でホイッスルを聞いた。後半アディショナルタイムのラストプレーで、MFケビン・デ・ブライネが高速カウンターを発動。直前のコーナーキックで前線に人数を割いていたチームは、あまりのスピードに対応できず、最後は途中出場のMFナセル・シャドリに決勝点を許してしまった。

「あの時間でFK、CKの流れがあったので、少なくとも決めたい気持ちはあった。その時点で延長は考えていた。ああいうスーパーカウンターを受けるとは予想できなかったし、選手もああいう流れで数秒後にゴール前にボールを運ばれるとは思っていなかったでしょうし。もちろん、持久的にはボールも伴って動ける延長は想像できたので、決められなくても延長勝負という感じは持っていました」

 ベルギーが底力を見せたラストワンプレーは、西野監督の描いたシナリオには存在しなかったという。「善戦することだけではなく、勝ち切らなければいけない」と、世界屈指の強豪国ベルギーに対して最後まで勝ちにいったが、本気になった“赤い悪魔”の強さは指揮官の想像を超えていた。

「今日のミーティングでも本気にさせたベルギーと戦いたい。そのためには自分たちがフルパワーでそういうベルギーを引き出さなければいけないと。最後の30分は、その本気のベルギーに対抗できなかった。あそこまで覆されるとは思ってもいなかった。(これが)W杯なのかなと思いましたし、ベルギーの強さを、という気持ちですかね、終わった直後は」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング