「言葉を選ぶのが難しい」 悪夢の逆転負けに主将の長谷部も絶句「自分たちの甘さ」

長谷部は「言葉を選ぶのが難しいですね」と試合を振り返った【写真:Getty Images】
長谷部は「言葉を選ぶのが難しいですね」と試合を振り返った【写真:Getty Images】

ベルギー相手の惜敗に落胆「整理のつく時間が必要かなと」

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー相手に2点を先行しながら、2-3の逆転負けを喫した。主将MF長谷部誠は「言葉を選ぶのが難しいですね」と試合を振り返った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士がゴールを奪い、FIFAランキング3位のベルギーを追い詰めた。しかし、グループリーグからあった守備面の不安をこの試合でも露呈。後半24分、同29分と立て続けに失点して試合が振り出しに戻ると、同アディショナルタイム4分にはカウンターから途中出場のMFナセル・シャドリに決勝ゴールを奪われた。

 試合後、主将の長谷部は「いやー、あのー…」と言葉を選びながら、「ちょっと整理のつく時間が必要かなと思います。2点先行しながら、このように逆転されて負けているというのは、自分たちの力不足という部分もあると思います」とコメント。まさかの大逆転負けで「ちょっと言葉を選ぶのが難しいです」と落胆の様子で語った。

「2-0までは非常に良いゲームができた。そこからの試合運びが、まだまだ自分たちの甘さかなと思います」とリードしてからの試合運びが課題と振り返った。

 日本史上初のベスト8には、あと一歩のところで手が届かなかった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング