ベルギー主将アザール、黄金世代の悲願へ“主役宣言” 「間違いなく輝くべき時」

アザールはロシアW杯を“自分の大会”にすることを誓った【写真:Getty Images】
アザールはロシアW杯を“自分の大会”にすることを誓った【写真:Getty Images】

メッシ、ロナウドのスター敗退を受け、「最後まで行きたい」と決意

 ベルギー代表は現地時間7月2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で日本代表と対戦する。2大会連続のベスト8進出を狙うなか、10番を背負うFWエデン・アザールは「輝くべき時。最後まで行きたい」と“自分の大会”にすることを誓った。

 ベルギー代表は2014年ブラジルW杯と2016年欧州選手権でベスト8に進出。今大会前に発表された最新のFIFAランキングでは、ドイツ、ブラジルに次いで3位につける。キャプテンのアザールのほか、FWロメル・ルカク、MFケビン・デ・ブライネ、GKティボー・クルトワなどの“黄金世代”を擁し、近年の躍進で強豪国のイメージを植え付けてきた。

 グループリーグ第2戦のチュニジア戦(5-2)で2ゴールを挙げているアザールは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが16強で敗退となったことを受け、現地時間1日の前日会見で「君の大会にできるか?」と問われると静かに笑みを浮かべて言葉を紡いだ。

「そうなると良いね。今は輝く時だ。準々決勝、準決勝、決勝とベルギーのために戦いたいし、(僕には)素晴らしいチームメイトがいる。僕は一人孤独な選手じゃない。メッシやロナウドだけじゃなく、素晴らしい選手たちがW杯にたくさんいるけど、最後まで行きたいね」

 “黄金世代”についても「間違いなく輝くべき時。いつだってグループでプレーしてきたし、一人で(気持ちが)はやってない。ともにプレーして全てを尽くし、何が起こるか見てみよう」と主役になることを誓ったアザール。世界制覇に向けて身長173センチの小さなドリブラーは前だけを見据えている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング