「同じ日本人として…」 長友佑都、スタメン漏洩で日本メディアに異例懇願「力貸して」

長友は日本メディアに異例の懇願をした【写真:Getty Images】
長友は日本メディアに異例の懇願をした【写真:Getty Images】

日本メディアの前で「この期間だけでいいので」と協力求める

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗戦。勝ち点4でセネガルと並んだ日本だが、イエローカード2枚差の「フェアプレーポイント」で上回り、3度目の16強進出を決めた。ポーランド戦のスタメン情報が漏れていたとして、DF長友佑都は「同じ日本人として…」と日本メディアに異例の懇願をした。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 第1戦コロンビア戦(2-1)、第2戦セネガル戦(2-2)で同じ11人をピッチに送り出した西野朗監督は、第3戦ポーランド戦でスタメン6人を変更。FW大迫勇也、MF香川真司、MF乾貴士、MF原口元気、MF長谷部誠、DF昌子源をベンチスタートにした一方、FW岡崎慎司、FW武藤嘉紀、MF宇佐美貴史、MF山口蛍、DF酒井高徳、DF槙野智章をピッチに送り出した。

 試合は後半14分にポーランドDFヤン・ベドナレクのゴールで先制を許し、そのまま得点を奪えずに敗戦。しかし、同時刻開催のセネガル対コロンビアでコロンビアが勝利したため、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を果たした。

 試合の2日前から非公開練習となっているが、ポーランド戦のスタメンが報道されたとして、長友は「一緒に戦う日本人としてすごく残念な気持ちになりました」と本音を吐露している。

「ブラジルW杯が終わってから4年間、このロシアW杯に全てのエネルギーをかけて、覚悟を持ってやってきた。この期間だけでいいので、同じ日本人として、同じ仲間として、僕たちに力を貸してほしなと思います」

 長友は日本メディアの前で異例とも言える懇願をした。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング