「韓国は美しく脱落、日本は醜く突破」 西野Jの時間稼ぎに元Jリーガーも辛辣「恥ずかしい」

アン・ジョンファン氏も辛辣なコメントを残している【写真:Getty Images】
アン・ジョンファン氏も辛辣なコメントを残している【写真:Getty Images】

「信じられない戦い方」「コメディの連続」との報道も

 総合ニュースサイト「ノーカットニュース」は、「信じられない戦い方だった。なぜならば、必死に戦うセネガルが同点ゴールを入れた瞬間、日本が脱落する可能性があったからだ。コロンビアがセネガルに勝利するという強い確信がなければ、できない判断だった」と伝え、「それでも日本はボールを回し続けた。アディショナルタイムにポーランドの選手交代がなされず、試合を中断させたかったのかは分からないが、ポーランドの選手がいきなり倒れるシーンもあった。まさにコメディの連続」と報じている。

 この日、試合を中継した「MBC」で解説を務めた韓国代表OBで、清水エスパルスと横浜F・マリノスでプレー経験のあるアン・ジョンファン氏は、「サッカー選手として恥ずかしいし、時間がもったいない。サッカーにも1分間、攻撃展開がまったくなされなければ、ペナルティーを与える制度を導入してもいいのではないか。韓国は美しく脱落したが、日本は醜く突破した」と辛辣なコメントを残していた。

 それでも、日本がグループリーグを突破できていなければ、それはそれで国内から批判を受けていたのだろう。難しい選択のなかで、グループリーグ突破を果たした日本がどこまで勝ち進むのか、世界が注目している。

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング