ロシアW杯の「最多ボールロスト選手」は? 意外なスーパースターが1位にランクイン

現段階でのロシアW杯の「最多ボールロスト選手」は(左から)スモロフ、ネイマール、メッシ【写真:Getty Images】
現段階でのロシアW杯の「最多ボールロスト選手」は(左から)スモロフ、ネイマール、メッシ【写真:Getty Images】

ブラジルの至宝ネイマールが1試合少ないにもかかわらず15回を記録

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は、グループリーグの戦いが佳境を迎え、続々と決勝トーナメント進出国が決定している。英メディア「WhoScored.com」は公式ツイッターで、「ネイマールはこの大会において最もボールロストが多い選手」と伝えている。

 同メディアによれば、ブラジル代表FWネイマールは2試合終了時点でボールを15回失っているという。一方で、大会初陣のスイス戦(1-1)ではW杯史上2番目に多い1試合でファウル10回受け、何度もピッチに打ち付けられた。続くコスタリカ戦(2-0)では今大会初ゴールでチームの勝利に貢献したが、足首を削られて満身創痍の状態とも言われる。ボールロストの数の多さは、カナリア軍団のエースに対するマークがそれだけ厳しいということの現れだろう。

 2位は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとロシア代表FWヒョードル・スモロフの14回。4位にオーストラリア代表MFトム・ロギッチ(11回)、5位にペルー代表MFアンドレ・カリージョ(10回)がランクインしている。ただし、いずれの選手も3試合を消化しての数字であり、1試合少ないネイマールのボールロスト数が際立つ格好になっている。

 ネイマールは勝利したコスタリカ戦後、エースの重責からピッチに泣き崩れた姿が話題となった。勝ち上がれば勝ち上がるほど厳しいマークが予想されるが、そのハードルを乗り越えてこそ、世界最高の座を手に入れる資格がある。まずは、現地時間27日のグループリーグ突破を懸けた最終戦セルビア戦でどのようなプレーを見せるのか、真価が問われる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング