“半端ないFW”の凄さは技術だけじゃない! 大迫勇也を支える「折れないメンタル」

“半端ないFW”大迫勇也を支える「折れないメンタル」とは?【写真:Getty Images】
“半端ないFW”大迫勇也を支える「折れないメンタル」とは?【写真:Getty Images】

W杯セネガル戦、絶好のチャンスで空振り 「悔しかった」と吐露も…強気の一面

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦に臨む。FW大迫勇也は2-2ドローに終わったセネガル戦でゴールチャンスを逃した場面について「悔しかった」と吐露しながらも、「メンタル的に折れるほうがダメ」と持論を展開している。

 セネガル戦で前半11分に先制点を献上した日本だが、同34分に乾の同点弾で追いついた。1-1で迎えた後半15分、大迫に絶好のチャンスが到来する。MF香川真司が敵陣でバックパスをカットしたのを起点にショートカウンターを発動。最後は右サイドに走り込んだMF柴崎岳から相手GKと最終ラインの間を狙った絶妙なクロスが供給される。これに反応した大迫が足を伸ばすも、まさかの空振りでチャンスを棒に振ってしまった。

 その後、後半26分に追加点を奪われた日本だが、同33分に大迫のクロスからこぼれ球を拾った乾がリターンパス。最後は本田が左足で蹴り込み、そのまま2-2ドローで終えている。セネガル戦について大迫は「僕自身チャンスもあったし、そこで決めなければいけないシーンはあった」と反省を口にしつつ、ストライカーらしい強気の一面も覗かせた。

「悔しかった場面ですけど、チャンスは僕らだけじゃなく相手も外している。そこでメンタル的に折れるほうがダメなことであって、僕らはミスを承知のうえでチャレンジするしかない」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング