日本の新司令塔にFIFA公式サイトも注目 「自己批判的な柴崎が日本に拍車をかける」

日本の新たな司令塔・柴崎をFIFA公式サイトが特集した【写真:Getty Images】
日本の新たな司令塔・柴崎をFIFA公式サイトが特集した【写真:Getty Images】

セネガル戦で乾の得点を演出

 日本の7番を背負う新司令塔が、いま世界で注目されている――。日本は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガルと2-2で引き分け、勝ち点を4まで伸ばした。決勝トーナメント進出に向けて一歩前進したが、この一戦でタクトを揮ったMF柴崎岳のプレーに賛辞の言葉が集まっている。日本の新たな司令塔をFIFA公式サイトが特集した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 柴崎は初戦のコロンビア戦に続き、ボランチとして先発出場すると、前半34分の同点弾を演出した。ピッチ中央から左サイド深くのDF長友佑都にロングフィードを通し、MF乾貴士のゴールの起点となった。また試合を通して鋭い縦パスや、サイドチェンジを繰り返し、セネガルを翻弄。まさに日本の頭脳として、存在感を発揮した。

 この日本のレジスタの活躍にFIFAも注目。「自分のパフォーマンスには一切満足はしていない」と自省する柴崎を「自己批判的なシバサキがサムライブルーに拍車をかける」と、記事にした。

 冷静さと、謙虚さを持った柴崎は、試合を客観的に分析しているとした一方、実際のパフォーマンスは「並外れたものだった」と絶賛している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング