韓国サッカー関係者が日本の“執念”を学べと主張 「侍のチャレンジ精神が羨ましい」

ライバル国である韓国にも、不屈の日本の姿は眩しく映っているようだ【写真:Getty Images】
ライバル国である韓国にも、不屈の日本の姿は眩しく映っているようだ【写真:Getty Images】

「韓国サッカーは闘魂を強調するが…」

「日本は二度の同点を作り上げる“執念のサッカー”を繰り広げた。“侍のチャレンジ精神”が見える。日本はワールドカップ2カ月前にハリルホジッチを更迭してアキラ・ニシノに指揮を任せた。無謀だと思われた切り札だったが、通じた」

 記事によれば、韓国のあるサッカー関係者は「日本の侍のチャレンジ精神が羨ましい」「韓国サッカーは闘魂を強調するが、実際、それは叱咤されてから出てくる。韓国は学ばなければならない」と漏らしたという。

 韓国はグループリーグのスウェーデン戦(0-1)、メキシコ戦(1-2)と連敗を喫し、27日のドイツ戦に決勝トーナメント進出のわずかな可能性を懸けるが、永遠のライバル国にも不屈の日本の姿は眩しく映っているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング