韓国サッカー関係者が日本の“執念”を学べと主張 「侍のチャレンジ精神が羨ましい」

韓国メディアは、二度のリードを許しながら追い付いた粘りのサッカーを「侍」と表現している【写真:AP】
韓国メディアは、二度のリードを許しながら追い付いた粘りのサッカーを「侍」と表現している【写真:AP】

セネガルに二度のリードを許しながら追いつく粘りのサッカーを「侍」と表現

 日本代表は現地時間24日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガル代表に2-2で引き分けた。アフリカの雄を相手に二度のビハインドをはね返し、決勝トーナメント進出に向けて大きな勝ち点1を獲得したが、アジアのライバル国である韓国メディアは、「日本の侍のチャレンジ精神が羨ましい」と羨望の眼差しを送っている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は前半11分、GK川島永嗣のパンチングミスが相手FWサディオ・マネに当たって先制点を献上したが、同34分にMF乾貴士の鮮やかなコントロールショットで同点。後半26分に再び勝ち越しを許すも、途中出場のMF本田圭佑が日本代表史上初となる3大会連続のゴールを決めて2-2のドローに持ち込んだ。

 不屈の粘りを示し、イタリアメディアが「日本は決して死なない」、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロが「侍は決して諦めない」と公式ブログに綴るなど世界に感銘を与えたが、同じアジア勢としてW杯に出場する韓国も例外ではない。

 韓国紙「中央日報」は、「侍のチャレンジ精神…韓国、日本に学ぶ」と見出しを打って特集。セネガル戦の日本の戦いぶりを「侍のように挑戦的に立ち向かう」と称えた。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング