“半端ない弾”の本田、同級生の日本代表二人が絶賛「やっぱり持ってる」「素晴らしい」

ボールを呼び込んだ本田…「W杯がゴールを呼んでいる」

 一方、ゴール前でつぶれ役となり、結果的に本田のゴールをお膳立てした岡崎は「単純に、すごい緊張する場面でゴールを決めるところと、あそこにボールが転がってくるというのも含めて、本当にW杯への強い思い」と今大会に懸ける思いがボールを呼び込む要因になったと称えている。

 さらに岡崎は「W杯がゴールを呼んでいるじゃないけど、そういう選手っていないと思う。3大会アシスト・ゴールともに結果を出せるというのは、チームにたくさんのものを与える。単純に同級生として素晴らしいと思います」と言及。長友も含め、同じ1986年生まれの同級生として誇らしげに語っている。

 これまでも大舞台で勝負強さを遺憾なく発揮してきた本田だが、再びそれを証明して見せた。19日のW杯初戦コロンビア戦ではFW大迫勇也が決勝弾を叩き込み、「半端ない」のフレーズが注目を集めた。続くセネガル戦では、本田が3大会連続の“半端ないゴール”を決めて、一躍脚光を浴びている。

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング