“半端ない弾”の本田、同級生の日本代表二人が絶賛「やっぱり持ってる」「素晴らしい」

セネガル戦、同点弾を決めた本田を同級生の岡崎&長友の二人が絶賛している【写真:Getty Images】
セネガル戦、同点弾を決めた本田を同級生の岡崎&長友の二人が絶賛している【写真:Getty Images】

第2戦セネガル戦の後半に本田が同点弾、3大会連続ゴールをマーク

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦セネガル戦で2-2と引き分けた。1-2と劣勢のなかでMF本田圭佑が同点弾を叩き込んだなか、戦友のDF長友佑都やFW岡崎慎司がレフティーを絶賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は前半11分に先制点を献上した日本だが、同34分に乾が同点弾。だが後半26分に2点目を決められ、再びリードを許してしまう。直後の後半27分、MF香川真司に代わって本田が出場すると、6分後の同33分にはFW大迫勇也のクロスからこぼれ球を拾った乾がリターンパス。最後は本田が左足で蹴り込み、そのまま2-2ドローで終えている。

 2010年南アフリカW杯から3大会連続ゴールの偉業を達成した本田に対して、長年ともに戦い続けてきた仲間から称賛が相次いだ。長友は「格別でしょう」と語りつつ、岡崎も絡んだ同点弾に触れている。

「おっさん連中が叩かれ続けたので、岡崎が前で潰れて、圭佑に転がって、ベテラン選手が得点したのは自分のことのように嬉しい。さすがやっぱり持ってますよね。彼はW杯に愛された男じゃないですか」

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング