「“ホラ吹き”と批判も…」 韓国紙が本田の逆境での強さに脱帽「自ら価値を証明した」

韓国メディアも本田圭佑の活躍と存在感について大きく報じた【写真:Getty Images】
韓国メディアも本田圭佑の活躍と存在感について大きく報じた【写真:Getty Images】

セネガル戦での同点ゴールを称賛 「“特級ジョーカー”としての役割を果たした」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第2戦で、セネガルと2-2のドローに持ち込んだ日本の戦いぶりは韓国でも話題を呼んでいる。韓国メディアは1-2で迎えた後半に、途中出場から同点ゴールを挙げた本田圭佑の活躍と存在感について大きく報じた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 大手紙「中央日報」は、「ベテランの存在感は凄かった。一時、代表チームからも遠ざかりそうな厳しい状況にさらされながらも、W杯3大会連続出場に成功したベテランは、自らの真価を発揮して1点を取った。これは日本を代表するMF本田圭佑のことだ」と称賛。また同紙は近年、日本国内で本田の能力を疑問視する声が多かったことについても触れ、「“ホラ吹き”と批判されたこともあったが、本田は自らの価値を証明した」と伝えた。

 さらに「アジアサッカーの新たな歴史を刻んだ本田、ベテランの風格と存在感」との見出しを打ったのは、韓国の総合ニュースサイト「ニューシス」だ。

「ハリルホジッチ前監督時代に、出場機会が減り、不仲説が起こるなどの問題があったが、本田はW杯で“特級ジョーカー”としての役割を果たし、自身の価値を示した」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング