「アイツ、緊張してる」は嫌 日本代表DFがW杯初出場で告白「俺、落ち着いてますよ」

W杯初出場を果たしたDF昌子源【写真:Getty Images】
W杯初出場を果たしたDF昌子源【写真:Getty Images】

吉田の相棒としてW杯初出場を果たした昌子、気を配っていたのは周囲からの“見られ方”

 人の感情は伝播するものだが、それを大舞台で懸念している男がいた。日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利。先発したDF昌子源はW杯初出場を果たしたなか、「『アイツ、緊張してるわ』とかチームメイトに伝染したら嫌やなと思っていた」と明かしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 守備陣の要であるDF吉田麻也の相棒は、これまで主にDF槙野智章が務めてきたが、コロンビア戦で抜擢されたのは昌子だった。吉田とCBでコンビを組むと、積極果敢に寄せてボール奪取を狙うなど激しい競り合いを披露。強力なアタッカー陣たちと互角の攻防を繰り広げ、FKによる1失点に抑え込むなど勝利に貢献した。

 開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、日本が数的優位になったのも大きかったと昌子は指摘する。「向こうが10人になったのは助かった。相手がボールを持った時は迫力があるというか、本当に相手10人なのかなとちょっと思ってしまうぐらい」だったという。それでもMF香川真司、FW大迫勇也のゴールで終始リードを奪い、逃げ切りに成功している。

 昌子にとって初のW杯出場だった。「こうした舞台になると、みんなにすごい気を遣われる。『思い切ってな』とか、『大丈夫!』とか」と舞台裏を明かしつつ、周囲からの“見られ方”に気を配っていたと告白する。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング