なぜ、日本の壁4枚は一斉ジャンプ? 低弾道FKで失点――当事者DFが語る真相

失点の舞台裏をDF昌子源が明かしている【写真:Getty Images】
失点の舞台裏をDF昌子源が明かしている【写真:Getty Images】

壁4枚の一人だった昌子が“ジャンプ”の舞台裏を明かす

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦で2-1と勝利。低弾道FKから失点を喫した日本は、壁に入った4選手がジャンプし、壁の下を通されてゴールを奪われたが、事前のミーティングでは「ぎりぎり高く跳ばなくていい」という話が出ていたという。失点の舞台裏をジャンプした当事者の一人、DF昌子源が明かしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて日本が先制。だが前半38分、DF長友佑都のクリアミスをきっかけにMF長谷部誠がFWラダメル・ファルカオを倒し、日本のエリア手前でFKを献上した。

 日本の壁は4枚。長谷部、大迫、吉田麻也、昌子源が並んだ。キッカーのMFフアン・キンテーロの助走とともに身構えた4人は、壁の上を狙われると判断してキックの瞬間にジャンプ。だが壁の下を通されると、意表を突かれたGK川島永嗣もわずかに反応が遅れ、身体ごとゴールに飛び込みながらも失点を喫した。

 日本の壁4枚は一斉にジャンプしたが、果たして事前の取り決めはあったのか。昌子は「スゲー難しい質問やな」と切り出すと、次のように説明を始めた。

「ミーティングで、ボールの質を見て、できるだけつま先立ちで、ぎりぎり高く跳ばなくていいと言っていた」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング