コロンビア戦金星の陰で… 吉田麻也が見舞われた「ちょっと残念」な出来事とは?

記念すべき勝利の陰で、吉田は「残念」という出来事に見舞われていた【写真:Getty Images】
記念すべき勝利の陰で、吉田は「残念」という出来事に見舞われていた【写真:Getty Images】

2014年大会でW初出場の吉田、コロンビア戦で自身初のW杯勝利に「長かった」

 日本代表選手の中で最も遅く取材エリアに現われたのがDF吉田麻也だった。19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦で日本が2-1と金星を挙げ、選手たちが意気揚々と取材に応じた一方、不可避の出来事に見舞われた吉田は試合後にチームメイトたちと十分に喜びを分かち合えず、「そこだけちょっと残念」と漏らしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 開始3分に相手MFがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて先制。前半39分にFKを叩き込まれて1-1となるも、後半28分にMF本田圭佑のCKからFW大迫勇也がヘディング弾を決め、2-1と勝利を収めた。

 FKからの失点で完封こそ逃した日本だが、DF昌子源とCBでコンビを組んだ吉田は最終ラインを巧みに統率。序盤に一人少なくなったとはいえ、強力なタレントを擁するコロンビアの攻撃を抑え込み、勝利に貢献した。

「正直、コロンビアはもっと来るかなと思っていた。退場したのも影響しているんでしょうけど、そうは言っても危ないシーンを作られるんじゃないかなという準備はしていた」

2014年ブラジル大会(1分2敗)でW杯初出場を果たした吉田にとって初のW杯勝利。追い求めていた“1勝”を受けて、「長かったと本当に思います」と感慨深げに振り返っている。しかし、記念すべき勝利の陰で、吉田は「残念」という出来事に見舞われていた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング