決勝弾の大迫、「圭佑さんは…」と本田に感謝 「良い質のボールを入れてくれた」

大迫勇也が試合後、本田圭佑への感謝の言葉を残している【写真:Getty Images】
大迫勇也が試合後、本田圭佑への感謝の言葉を残している【写真:Getty Images】

1-1で迎えたW杯コロンビア戦の後半28分、本田のキックから大迫が値千金のゴール

 その瞬間、日本代表の戦況を見守る多くの人が感嘆の声を上げたに違いない。19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦でFW大迫勇也が値千金の決勝ゴールを叩き込み、2-1の勝利に大きく貢献。試合後、日本を勝利に導いた男はMF本田圭佑への感謝の言葉を残している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 開始3分、試合を動かすプレーを見せたのは大迫だった。コロンビア守備陣の裏に抜け出してシュートを放つと、これは相手GKに弾かれたものの、そのこぼれ球に反応したMF香川真司が再びシュート。相手MFカルロス・サンチェスが腕でブロックして一発退場となり、そのプレーで得たPKを香川が決めて日本が先制した。

 前半39分にFKを叩き込まれて1-1に追いつかれるも、後半28分に輝きを放ったのが大迫だ。後半25分、香川に代わって本田が投入されると、その3分後に左CKを獲得。キッカーを務めた本田の左足から中央に正確なボールが供給され、最後は大迫が飛び込んで決勝のヘディング弾を突き刺した。

 相手と競り合いながら押し込んだ一撃に、大迫は自分の確かな成長を感じ取ったという。「あそこで負けずにディフェンスに勝てた。この4年間ドイツでやってきて本当に良かったなと思います」と、ドイツで研鑽を積んだ日々に意味を見出した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング