コロンビア代表、躍進への「11の強み」とは? 14年W杯で帯同した心理学者が太鼓判

スポーツ心理学者のロッフェ氏が、ぺケルマン監督率いるコロンビア代表の「11の強み」を指摘した【写真:Getty Images】
スポーツ心理学者のロッフェ氏が、ぺケルマン監督率いるコロンビア代表の「11の強み」を指摘した【写真:Getty Images】

地元紙が報道、ペケルマン監督を支え続けたロッフェ氏が分析

 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で、コロンビア代表のカウンセラーを務めたアルゼンチン人のスポーツ心理学者マルセロ・ロッフェ氏が、同国史上初の4強進出を目指すには「目標を達成するための11の強み」があると指摘した。コロンビア紙「エル・ティエンポ」が報じている。

 同氏は01年に母国で開催されたワールドユース、06年のドイツW杯でアルゼンチン代表を率いた同郷のホセ・ペケルマン監督をチームカウンセラーとしてサポート。14年W杯でもコロンビア代表に帯同して選手たちのメンタルケアを行い、同国史上初の8強進出に貢献した。

 オファーを受けるたびにチームの裏側からペケルマン監督を支えてきた同氏は、今回のコロンビア代表を心理学者の立場で分析。そして導き出したのは、コロンビアにとって以下の「11の強み」が、4強進出を目指すうえでの“安心材料”になることだった。

1.指揮官の就任期間の長さ、指導の統一性
ペケルマン監督はコロンビア代表では初めて6年以上の長い期間、監督を続けており、指導にも一貫性がある。

2.指揮官としての能力
リーダーシップがあり、真面目で謙虚。父親のような振る舞いで選手たちを落ち着かせることができる。

3.選手たちの経験値
11人の選手(実際には10人)がブラジルW杯のメンバーで、全員が試合に出場している(実際には控えGKだったカミロ・バルガス以外の9人がピッチに立っている)。

4.ピッチ上のリーダーとしてのファルカオの存在
ファルカオは人間的にしっかりしており、サッカーに関してもチームプレーができる。前回のW杯は怪我で出場できなかったが、彼の熱意、態度がチームに好影響を及ぼしてくれる。

5.サブリーダーたちのリーダーシップ
ファルカオのほかにも、MFハメス・ロドリゲス、MFフアン・クアドラード、GKダビド・オスピナ、MFカルロス・サンチェス、MFアベル・アギラル、DFクリスティアン・サパタといったチームにとって重要な選手たちがいる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング