W杯開催地を知るJリーガー、イッペイ・シノヅカが語る「ロシアってこんなところ!」

21回目を迎えるW杯は、史上初の東欧開催となるロシアで6月14日に幕を開ける【写真:Getty Images】
21回目を迎えるW杯は、史上初の東欧開催となるロシアで6月14日に幕を開ける【写真:Getty Images】

大会開催期間の6、7月は「湿気も少ないのでプレーしやすいはず」

 21回目を迎えるFIFAワールドカップ(W杯)は、史上初の東欧開催となるロシアで6月14日に幕を開ける。日本の45倍と言われる世界最大の国土を持つ大国で、各代表チームが国の威信を懸けて戦うが、気になるのはやはりその環境だ。日本人の父とロシア人の母を持つハーフで、5歳まではロシアでも生活するとともに、同国リーグで4年間プレーした経験を持つJ1横浜F・マリノスのMFイッペイ・シノヅカにレクチャーしてもらった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 氷点下マイナス50度以下を記録するなど寒さの厳しい冬の印象が強いロシアだが、W杯期間中の6~7月は果たしてどうなのか。日本では梅雨入りから梅雨明けにあたる時期ながら、ロシアにおいてはサッカーに適している季節だという。

「5月はまだ寒さも残りますけど、6月、7月はそんなに暑くはならないと思います。乾燥していて湿気も少ないので、プレーしやすいはずです」

 日本代表がベースキャンプ地に選んだカザンは、タタールスタン共和国の首都。ロシアの首都モスクワから東に約800キロに位置する。世界遺産に登録されている城塞「カザン・クレムリン」を筆頭に古い町並みとともに、近代的な建物も立ち並び、「綺麗な街で、モスクワとはまた雰囲気が少し違う」とイッペイ・シノヅカは話す。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング