長友が告白「ルール違反した」 香川のゴールに感激で大胆行動「嬉しいあまり…」

長友(左)はパラグアイ戦で復調を見せた香川に期待を寄せる【写真:Getty Images】
長友(左)はパラグアイ戦で復調を見せた香川に期待を寄せる【写真:Getty Images】

「顔が冴えていなかった」と長友も心配していたなか、香川が復活を印象づけるゴール

 日本代表は現地時間12日、国際親善試合パラグアイ戦で4-2と勝利を収め、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に向けて弾みをつけた。この試合で2ゴールを挙げたMF乾貴士とともに注目を浴びたのが、1ゴール・2アシストのMF香川真司だ。ベンチで戦況を見守っていたDF長友佑都は「嬉しいあまり…」とルール違反をしていたことを告白している。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 西野朗体制で初先発のチャンスを得た香川は、トップ下で躍動。2列目左の乾、右の武藤嘉紀らと好連係を披露し、乾の2ゴールを演出した一方、自身も後半アディショナルタイムに華麗なドリブルから1ゴールを決めた。4ゴール中3ゴールに絡むなど完全復活を印象づけている。

 10番の活躍を喜んだのが、長年代表で共闘する長友だ。「真司と二人でクールダウンしながら話せた。彼が点を取ってくれて本当に良かったし、本当に嬉しかった」と試合後の様子を明かしている。

 香川は今年2月に足首を負傷し、一時戦線から離脱。シーズン最終盤に戦線復帰を果たしたが万全とは言えない状態で代表チームに合流していた。そうした香川の苦闘を知る長友は「彼が怪我して、ドルトムントで試合に出ていないなか代表に合流した。彼自身はポジティブに考えているんだけど、顔が冴えていなかった」と心配だったという。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング