日本代表「W杯予想ベスト布陣」 パラグアイ戦で躍動の香川、乾、柴崎は先発当確か

パラグアイ戦で躍動した(左から)柴崎、香川、乾【写真:Getty Images】
パラグアイ戦で躍動した(左から)柴崎、香川、乾【写真:Getty Images】

CBの要は吉田、その相棒を巡って槙野と昌子の争いか

 日本代表は現地時間12日の国際親善試合パラグアイ戦で4-2と勝利を収めた。8日のスイス戦(0-2)も踏まえ、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦「先発メンバー」がほぼ固まってきたようだ。刻一刻と迫る本大会に向けて、現状で予想される日本のベスト布陣を見ていく。

 スイス戦、パラグアイ戦の2試合でベースとなった4-2-3-1を主戦システムとして考える。GKはスイス戦でフル出場した川島永嗣の実績が頭一つ抜けている一方、パラグアイ戦でともに45分ずつプレーした東口順昭、中村航輔はあくまでバックアッパーの位置づけだろう。

 左サイドバックは実績・実力ともに長友佑都が一番手と見ていい。パラグアイ戦で酒井高徳も合格点のパフォーマンスを披露したが、安定感を踏まえるならば長友一択か。右サイドバックはコンディションさえ万全なら酒井宏樹が不動だ。パラグアイ戦で先発起用された遠藤航は一定水準を下回る内容でバックアッパーの域を出ない。左と右の両方に対応可能な酒井高が実質二番手と言える。

 CBの要は吉田麻也で間違いない。問題は吉田の相棒だ。槙野智章と昌子源が争っている構図で、植田直通は控えの立場。経験値を評価するなら槙野が先発か。昌子の成長も目を見張るものがあり、最終的にどちらが起用されても不思議ではない。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング