乱闘で試合後レッドのネイマール、出場停止処分は19日に確定

2試合出場停止が濃厚

 コパ・アメリカ2015(チリ)のグループC、コロンビア対ブラジルの一戦で試合後にレッドカードを受けたブラジル代表FWネイマールは現時点で1試合の出場停止処分が下されている。しかし、処分は暫定で、今後拡大される可能性がある。コパ・アメリカの大会公式ウェブサイトが伝えている。
 
 ネイマールは、コロンビア戦の前半に大会2枚目のイエローカードを受けていたため、この時点で第3戦は出場停止が確定していた。しかし、試合後に、このブラジル代表主将がコロンビア代表DFパブロ・アルメロにボールをぶつけたことにコロンビア選手が激高。ネイマールはもみ合いの中、DF ジェイソン・ムリージョにヘッドバットをし、その後やり合ったFWカルロス・バッカとともにレッドカードを提示されていた。
 
 処分は、南米サッカー連盟(CONMEBOL)の規律委員会によって決定される。現地時間19日(金曜日)には正式に確定し、どうやらイエローカード2枚累積とレッドカードによる2試合出場停止になると見られている。
 現地時間18日に行われたグループCのペルー対ベネズエラの一戦でペルーが1-0と勝利した。このため、グループCは2試合を終え、全4チームが勝ち点3で横並びの状態になった。得失点差も4チームそろって0、総得点はブラジル、ペルーが2、コロンビア、ベネズエラが1となっている。勝ち点で並んだ場合、得失点差、総得点の順で順位が決定し、そのいずれの条件でも 並んだ場合は当該チーム間での結果次第となる。
 
 優勝候補の一角であるブラジルだが、最終戦で敗れれば、大会から姿を消す可能性もある。攻撃の核となるキャプテン不在で、この窮地を脱することはできるだろうか。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング