岡崎慎司、9カ月ぶり先発で“らしさ”披露 待望の西野J初勝利も「本番が一番大事」

9カ月ぶりの先発となった岡崎は、前線でのハードワークで存在感を見せた【写真:Getty Images】
9カ月ぶりの先発となった岡崎は、前線でのハードワークで存在感を見せた【写真:Getty Images】

昨年9月のサウジアラビア戦以来の先発 前線でのハードワークで存在感

 侍ストライカーの泥臭さは、インスブルックでもいぶし銀の輝きを放った。ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後のテストマッチとなった12日のパラグアイ戦、FW岡崎慎司(レスター)は9カ月ぶりの先発出場。前線でハードワークを続けて存在感を示した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「前半からチームとしてやり切って、ディフェンスも攻撃もアグレッシブにやっていたので、失点したけどハーフタイムには良い雰囲気でこのまま続けようとして(乾)貴士が決めて逆転してくれた。こういう雰囲気でやることがつながると思う」

 岡崎は昨年9月のW杯最終予選サウジアラビア戦以来となる先発出場で、1トップとしてプレー。後半29分にFW原口元気と途中交代するまで、前線で起点となる一方、トレードマークのハイプレッシングで絶大な運動量を示した。左足首の故障で国内合宿から調整が遅れていたが、ロシアW杯前最後のテストマッチで待望の復活を遂げた。

「チームとして日本代表として厳しい状況にあるかもしれないけど、本番が一番大事。チームの気持ちを一つにしてコロンビア戦でも勝利を求めていきたい」

 頼もしい男が本番のW杯本大会に間に合った。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング