W杯32カ国の「背番号10」を海外メディアが格付け 1位はメッシ、日本の香川は?

米メディアがロシア大会に出場する32カ国の10番をランキング形式で紹介【写真:Getty Images】
米メディアがロシア大会に出場する32カ国の10番をランキング形式で紹介【写真:Getty Images】

メッシ、ネイマール、サラーがトップ3に君臨

 ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する最高のナンバー10は誰だ――。かつてブラジルのペレやジーコ、アルゼンチンのディエゴ・マラドーナら10番を背負った選手たちが、花形としてW杯に彩りを与えてきた。米総合ニュースメディア「ザ・リンガー」は、「W杯で誰が最高の10番?」というタイトルでロシア大会に出場する32カ国の10番をランキング形式で紹介。日本のMF香川真司(ドルトムント)は、果たして何位にランクインしたのだろうか。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 1位には、アルゼンチンのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)が輝いた。記事の冒頭で、「1位は明確にメッシであるため、2位以降の争いとなる」と前置きするほど、その存在は傑出しており、「歴代最高の10番であり、今もなおベストであり続けている」と大絶賛した。

 そして、世界で最も高価なフットボーラーだと紹介された、ブラジルのFWネイマール(PSG)が2位の座を射止めた。4年前の地元開催のブラジルW杯ではネイマールが負傷離脱した後、ドイツに1-7の歴史的大敗を喫した。今大会も攻撃の中核は、依然としてこの背番号10が担っていることに疑いの余地はないだろう。

 その二人に続いたのが、エジプトのFWモハメド・サラー(リバプール)。今季はリバプールの絶対的なエースとして、プレミアリーグで歴代最多得点記録を樹立。カウンター攻撃のフィニッシャーとしては、世界最高の能力を持っているとお墨付きを与えた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング