本田圭佑「そんなもの」と力説 “10年間議論”も「折り合うことがない」相手とは?

本田がイメージのすり合わせについて言及【写真:Getty Images】
本田がイメージのすり合わせについて言及【写真:Getty Images】

イメージのすり合わせについて言及「どう詰めるという作業は場面によると思う」

 日本代表は現地時間10日、オーストリア・ゼーフェルトで12日の国際親善試合パラグアイ戦に向けたトレーニングを行った。選手間で話し合いを進めているというFW本田圭佑は「どう詰めるという作業は場面による」と言及。そのなかである選手を引き合いに出し、「彼と10年間ぐらい代表で話をして、その議論で一切折り合うことがない」と明かしている。

 今年4月にバヒド・ハリルホジッチ監督を解任し、西野朗新監督が就任。初陣となった5月30日のガーナ戦(0-2)、6月8日のスイス戦(0-2)と連敗を喫したなか、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に向けて急ピッチでチーム作りを進めている。

 選手たちが代表チームの課題を口にするなか、本田はイメージのすり合わせについて「それを発している選手とも直接話している。それをどう詰めるという作業は場面によると思う」と語っている。またFWの中から早めにボールが欲しいという声に対して、FW岡崎慎司の名前を出しながら、次のように続けた。

「早く(ボールが)ほしいという議論は、彼(岡崎)なんか僕と10年間ぐらい代表で話をしていても、その議論で一切折り合うことがない」

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング