ブラジル代表監督、ネイマールの天衣無縫ぶりに脱帽 「彼にリミットはない」

骨折から復帰したネイマールに対して、チッチ監督が全幅の信頼を寄せているようだ【写真:Getty Images】
骨折から復帰したネイマールに対して、チッチ監督が全幅の信頼を寄せているようだ【写真:Getty Images】

右足骨折から復帰2試合で2ゴール「相手に致命的なダメージを負わせられる」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝候補筆頭格のブラジル代表は、現地時間10日に本番前最後のテストマッチであるオーストリア戦で3-0と快勝した。この一戦でゴールを決めたFWネイマールはかつてのエースであるFWロマーリオと並ぶ代表通算55得点となったが、チッチ監督は「リミットはない」と大絶賛している。スペイン紙「AS」が報じた。

 オーストリア戦は前半にFWガブリエル・ジェズスが先制点を奪うと、後半18分にはネイマールのテクニカルな足裏ドリブルが発動し、最後は相手GKの股下を抜く一撃で追加点。その6分後にはMFフィリペ・コウチーニョが勝負を決定づける3点目を挙げ、セレソンの圧勝に終わった。

 W杯初戦のスイス戦を前にした完璧な勝利。特に右足中足骨骨折から復帰したネイマールに対して、指揮官は全幅の信頼を寄せているようだ。

「私はネイマールのリミットがどこにあるのかが分からないよ。彼のテクニカルさ、そして創造性の能力は印象的だ。彼が相手陣内3分の1のところに入り込めば、相手に致命的なダメージを負わせられる」

 そして相手チームにとって脅威なのは、ネイマールだけ抑えればいいわけではない点だ。この日点を決めたジェズス、コウチーニョはもちろん、ネイマールと交代で投入されたのはFWドウグラス・コスタ。ワールドクラスのアタッカーがベンチにも控えているのだからひとたまりもない。チッチ監督はこの分厚い層も有効活用したいようだ。

「金曜日に私はチームを選ぶが、今はまだアドレナリンの段階だ。選手たちの競争力が高く評価される一方で、チームとしても成熟している」

 競争とチーム作りの両輪をしっかりと回し続けてきたブラジル。2年間無敗と圧倒的な地力を誇るサッカー王国は、2002年の日韓大会以来となるW杯奪還へ機は熟しているようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング