ドイツ代表、レーブ監督の“ノイアー起用明言”にバルサ守護神がジレンマ「失望は確か」

ドイツ代表GKのノイアー(左)、テア・シュテーゲン(右)【写真:Getty Images】
ドイツ代表GKのノイアー(左)、テア・シュテーゲン(右)【写真:Getty Images】

“GKグローブをつけたメッシ”ことテア・シュテーゲンの台頭で…

 ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する各国は、親善試合などで本大会開幕に向けた最終調整に入っている。そんななか、ジレンマを抱えているのがドイツだ。前回王者を率いるヨアヒム・レーブ監督は、GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)をレギュラーに据えることを明言しているが、ベンチへと追いやられたGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)が無念さをにじませるコメントを発したという。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ドイツは、現地時間2日に行われたオーストリアとの親善試合で1-2と敗れた。調整の一面もあるとはいえ、この敗戦を不安視する声も生まれている。だが、それ以上に注目されたのは、ゴールマウスを守ったのがノイアーだったことだ。

 ノイアーは昨年、左足中足骨の骨折などのため戦線を離脱。所属するバイエルンでも、ほぼ出番がないまま今季を終えた。だが、4年前のブラジルW杯では、世界最高のシュートストップ技術と、ディフェンダー顔負けの守備範囲の広さで脅威の存在となり、ドイツの24年ぶりとなる世界一奪還に大きく貢献。レーブ監督もその実績を買い、ロシアW杯でも「ノイアーを先発で起用する」と明言した。

 ただし、4年前と異なるのは、そのノイアーを脅かすもう一人の守護神が台頭してきたことだ。26歳のテア・シュテーゲンは、2014年夏にバルサに加入すると、昨季から定位置を奪い取った。ノイアー顔負けの神セーブを見せると同時に、足元の技術はフィールドプレーヤー級で、今季も試合に出続けて国内二冠に貢献している。バルサでの存在感は、スペインでは“GKグローブをつけたメッシ”とも評されるほどだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング