バルセロナがサラー獲得に本腰か グリーズマン獲得失敗時の“代案”として代理人に接触

バルセロナがサラー(アーセナル)獲得に本腰か【写真:Getty Images】
バルセロナがサラー(アーセナル)獲得に本腰か【写真:Getty Images】

グリーズマン獲得に動くも状況は不透明 “プランB”としてサラーが候補に浮上

 リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに対して、スペインの名門バルセロナが興味を示しているようだ。スペイン紙「アス」が報じた。

 サラーはリバプールに移籍した今季、リーグ戦32ゴールを挙げて得点王に輝くなど、大ブレイクを果たした。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝では、レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの交錯により肩を負傷して途中交代を余儀なくされたが、もしサラーがいれば敗戦は違った結果になっていたかもしれない。

 そんな今をときめく“エジプトの王”に対して、バルセロナが興味を示しているという。記事では、今季のリーガ・エスパニョーラ王者はサラーの代理人と接触を図り、獲得にかかる費用を把握しようとしたと伝えられている。

 バルセロナは、今夏の移籍市場でアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを補強候補にリストアップしているものの、状況はいまだ不透明。獲得が叶わなければ、“プランB”としてサラーに切り替えることを考えているようだ。

 リバプールはリヨンのフランス代表FWナビル・フェキルの獲得に近づいており、サラーの後釜として目途が立った場合、バルセロナのオファーを聞くことになるのでは、と記事では指摘している。もっとも、サラーの獲得には多額の移籍金が発生することは間違いなく、バルセロナとて交渉を簡単にまとめるのは難しいだろう。

 世界中から多くの注目を受けるサラーは、果たしてどんな選択をするのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング