「W杯で点を取る」日本代表FW武藤が宣言、活躍を約束「立つだけでは意味はない」 

ガーナ戦で大迫に代わって後半頭から出場した武藤、W杯に向けてSNSで心境綴る【写真:Getty Images】
ガーナ戦で大迫に代わって後半頭から出場した武藤、W杯に向けてSNSで心境綴る【写真:Getty Images】

ガーナ戦で大迫に代わって後半頭から出場、ロシアW杯に向けてSNSで心境綴る

 西野朗監督率いる日本代表は5月31日、ロシア・ワールドカップに向けた大会登録メンバー23人を発表した。FW本田圭佑(パチューカ)やMF香川真司(ドルトムント)らが選出された一方、同30日の国際親善試合ガーナ戦メンバー26人の中からFW浅野拓磨(ハノーファー)、MF井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、MF三竿健斗(鹿島アントラーズ)の三人が落選。そんななかFW武藤嘉紀(マインツ)は自身の公式ツイッターを更新し、「立つだけでは意味はない」とW杯での活躍を誓った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 30日のガーナ戦(0-2)ではFW大迫勇也(ブレーメン)に代わり、後半頭から出場を果たした武藤。1トップに加え、岡崎慎司(レスター・シティ)と2トップを形成するなど45分間プレーした。絶好機を逃したこともあり、試合後には「今日外してしまったというのは変わらないので、これが本番じゃなくて良かった」と反省。23人の発表について「待つしかない」と心境を語っていた。

 そんななか、武藤は23人のメンバー入りを果たした。会見翌日の1日に自身の公式ツイッターを更新すると、「幼き頃からの夢の舞台。立つだけでは意味はない」と心境を綴っている。さらに「ワールドカップで点を取る」と宣言。「ひたすらに泥くさく。チームのために。全ての支えを力に。『感謝』」と続けた。

 前線にはエース格の大迫が君臨しており、熾烈なポジション争いを繰り広げているなか、「サコくんはやっぱりワントップで素晴らしいプレイヤー。そこを脅かさないといけない」と定位置奪取を誓った。その一方で、大迫や岡崎と前線で組む可能性も踏まえ、「もしかしたら2トップもあり得るかもしれない」とイメージを膨らませている。

 ガーナ戦後、「本番で上手くいかなかったっていうのじゃ遅いので、練習中からしっかりとコンビネーションを確立していきたい」と意気込んだ武藤。「ワールドカップで点を取る」の言葉通り、ロシアW杯での活躍が期待される。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング