ロシアW杯は「歴代最年長ジャパン」 リオ世代3人落選、平均年齢「28.2歳」に上昇

(左から)川島、岡崎、本田、香川、長谷部【写真:Getty Images】
(左から)川島、岡崎、本田、香川、長谷部【写真:Getty Images】

西野監督がベテランの経験を重視 若手は「超えることを考えなければいけない」

 日本サッカー協会は31日、都内で記者会見を開き、来月開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)に挑む日本代表メンバー23名を発表した。壇上で運命のメンバーリストを読み上げた西野朗監督は、経験豊富なベテラン中心となった選考について、「若い選手、これからのサッカーを担っていく選手たちは、もっとそういう選手たちを超えることを考えなければいけない」と、若手のさらなる奮起を促した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表は前日のガーナ戦(0-2)のスタメン平均年齢が「29.5歳」と高く、ロシアW杯に向けてベテランの経験を重視した起用が浮き彫りとなっていた。

 そうしたなか、この日発表されたW杯メンバー23名の発表で、落選したのは23歳の浅野拓磨(ハノーファー)、22歳の三竿健斗(鹿島アントラーズ)、21歳の井手口陽介の20代前半の若手3選手となった。よりベテランがチームに残る形となった選考について問われた西野監督は、「実績のある、経験値のある選手だけではないと思っています」としながらも、「若い選手、これからのサッカーを担っていく選手たちは、もっとそういう選手たちを超えることを考えなければいけない」と、若手に実績豊富なベテラン勢を上回る決定打が少なかったことを示唆した。

「今、経験値のある選手たちも、非常に良いパフォーマンスをしているので、そういうバランスを取ったチーム編成をできるのが理想だとは思います」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング