宇佐美が語る“西野サッカー”初陣の感触 「可能性はチラッと見える試合だった」

宇佐美が語る“西野サッカー”初陣の感触とは?【写真:Getty Images】
宇佐美が語る“西野サッカー”初陣の感触とは?【写真:Getty Images】

“愛弟子”の宇佐美は本田とともにシャドーで出場「やりながらはまっていけば…」

 日本代表は30日に国際親善試合でガーナと対戦し、0-2で敗れた。結果にはつながらなかったが、先発出場したFW宇佐美貴史(デュッセルドルフ)は「可能性はチラッと見える試合だったかな」と恩師・西野朗監督の初陣を振り返った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 バヒド・ハリルホジッチ前監督の解任後、初めての代表戦。西野監督は合宿で継続的にテストしていた3-4-2-1システムでスタートした。宇佐美はFW本田圭佑(パチューカ)と並ぶ2シャドーの一角で起用された。

 前半には左から切れ込んでシュートを放つ得意の形も見せた宇佐美だが、ゴールを奪うことはできなかった。チームもセットプレーから2失点して零封負け。本大会へ不安を抱かせる内容となった。宇佐美も「まあスタートですから試行錯誤というか、トライしながらやって行くという感は否めないと思います」と試合を振り返っている。

 その一方で、「最初から上手くいかないとは思っていましたし、まあスタートからバチバチはまって攻撃も形ができてっていうのは(ないと思っていた)。やりながらはまっていけば、というポテンシャルは感じてやってました」と連係不足や戦術の不足も想定内とした。「決め切るところ(ができなかったの)と、簡単に決められてしまうところで今日のゲームを落としたと思います」と課題を明確にしたうえで手応えもあったと語る。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング