“リベロ”長谷部が西野流3バックを解説 オートマチックかつ「攻撃的なイメージ」

長谷部は3バックの守備戦術について、具体的なイメージを口にした【写真:Getty Images】
長谷部は3バックの守備戦術について、具体的なイメージを口にした【写真:Getty Images】

5バックにならず、ワイドを押し出すイメージ「後ろで余り過ぎないのが大事」

 日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)が、27日に千葉県内で行われたトレーニング後に3バックシステムに言及。所属クラブと同じく3バックの中央でミニゲームに参加したキャプテンは「3バックには攻撃的なイメージを持っている」と戦術について語った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 紅白戦でDF吉田麻也(サウサンプトン)、DF槙野智章(浦和レッズ)、DF昌子源(鹿島アントラーズ)と組み合わせを変えながら、3バックの中央に入った長谷部は「クラブでやっているので個人的にはそこまで違和感がない。ただ、周りの選手との兼ね合いや、やり方も違ってくる。それを合わせていく作業をしている。ピッチでやることで生まれるいろいろなシチュエーションで合わせるのが大事。ピッチの中でも外でもいろいろと話しながらやっている」と、連携面の向上に力を割いている現状を明かした。

 特に、3バックの守備戦術については具体的なイメージを口にしている。

「守備の部分では、あまり後ろで余り過ぎないのが大事。後ろからラインを上げて押し出して、前をサポートすること。5バックにならずにワイドをできるだけ押し出して、センターバックがサイドに出る。4バックのようになる形もあるし、中盤で浮いている選手がいたら3枚の誰かが捕まえにいけばいい。相手が1トップなら、自分が前に出てしまっても良い場面もある。そういうフレキシブルさを出したい」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング