日本での“イニエスタ・フィーバー”を母国紙特集 「神戸を上位に引き上げる役割がある」

日本でのイニエスタフィーバーに現地メディアも注目している【写真:Getty Images】
日本でのイニエスタフィーバーに現地メディアも注目している【写真:Getty Images】

カンプ・ノウでの最終戦から1週間、神戸で初のユニフォーム姿を披露

 スペインの名門バルセロナからJ1ヴィッセル神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ。26日に本拠地ノエビアスタジアム神戸でウェルカムイベントが行われ、8212人もの大観衆を集めたが、このフィーバーぶりには現地メディアも注目している。スペイン最大の全国紙「マルカ」はこのイベントを詳細にレポートするとともに、イニエスタが神戸で課される“ミッション”についても言及している。

 カンプ・ノウでの感動のラストマッチから1週間後、イニエスタは下部組織時代から身を包んだバルサの青とエンジからクリムゾンレッド一色の神戸のユニフォーム姿に変わった。背番号8をつけてサポーターの前に登場したイニエスタは「こんなにも温かな歓迎ぶりに感謝したいです。日本での2日間はとても心に残りましたし、ありがとうと言いたいです」と謙虚さを感じさせるコメントを紹介。それと同時に日本での野心についても語っている。

「私はヴィッセルが向上するため、学びつつ仕事をし、大きな情熱を持ちたいと思います。そしてJ1チャンピオン、AFC(チャンピオンズリーグ)のチャンピオンになりたいと思っています」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング