J移籍決断のイニエスタ、「素晴らしい」と“日本文化”に心酔 「国民の一員になりたい」

ヴィッセル神戸は24日、イニエスタの獲得を正式に発表した【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸は24日、イニエスタの獲得を正式に発表した【写真:Getty Images】

神戸加入会見で語った移籍決断の二つの理由

 J1リーグのヴィッセル神戸は24日、今シーズン限りでバルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を正式に発表した。都内で加入会見に臨んだ天才司令塔は、移籍が決定的と報じられた中国リーグではなく日本を選んだ二つの理由を挙げている。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 自身リーガ9度目の優勝を最後にJリーグにやってきたイニエスタ。今季終了直前には中国1部の重慶力帆に移籍する可能性が浮上していた。一時は移籍合意とも報じられていたが、バルセロナのメーンスポンサーを務める楽天が運営する神戸に急転直下の電撃移籍となった。

 引く手数多の司令塔は新天地に、なぜ神戸を、そして日本を選んだのだろうか。都内で移籍会見に出席したイニエスタは、二つの理由を挙げている。

「幸運なことにいろいろなオファーがあった。私に関心を持ってくれた他のクラブにも感謝したい。神戸に決めた理由は、提示されたプロジェクトが興味深いものだったから。私に対して信頼をしてくれたことが大きかった。日本というのは素晴らしい国だと思う。日本文化は素晴らしい。できるだけ早く日本に慣れて活躍したい。日本での生活を楽しみながらプレーも楽しみたい」

 イニエスタはこう語った。すでに元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを獲得するなど、巨額資金をつぎ込んでいる神戸のクラブビジョン、そして日本文化の素晴らしさを挙げていた。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング