「外れると思っていた」 試練に直面の21歳MF井手口、代表落選危機からW杯行きの好機到来

井手口は「外れると思っていた」と代表落選を覚悟していたことを告白した【写真:Getty Images】
井手口は「外れると思っていた」と代表落選を覚悟していたことを告白した【写真:Getty Images】

代表キャンプに合流、西野監督と個人面談「そこまで進んだ話はしていません」

 日本代表のクルトゥアル・レオネサMF井手口陽介は出場機会を手にするために1月にスペイン2部移籍を選んだが、わずか出場5試合にとどまり、新天地で出場機会と試合勘を失う試練に直面した。23日、千葉県内で行われた代表合宿に合流した井手口は「外れると思っていた」と落選を覚悟していたことを告白した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 21日にスペインから帰国した井手口。合流初日のこの日は軽いジョギングで調整を進めた。

「ちょっとしかやってないけれど楽しかったです」

 久しぶりの代表の空気を吸い込んだ。イングランド2部リーズに完全移籍後、英国での就労ビザ取得問題のリスクを避け、出場機会を手にするためにスペインに向かった。だが、2部で低迷した新天地では出場機会を手にすることはできなかった。

「代表から遠ざかっていた間の気持ち? 自分は試合に出ていなかったので、別に……そんな特別な気持ちはない。外れると思っていた」

 井手口はこう語った。バヒド・ハリルホジッチ前監督に見出され、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選突破の立役者となり、欧州挑戦を果たした井手口だが、ロシア行きを諦めていたという。この日の練習の最後には、西野朗監督と個人面談を持ったが、「そこまで進んだ話はしていません」と言葉は少なかった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング