別メニューの乾貴士、「打撲」と明かす 「ちょっと様子見で徐々に直していく」

W杯へ向けて怪我が心配される乾だが、本人は回復を実感しているようだ【写真:Getty Images】
W杯へ向けて怪我が心配される乾だが、本人は回復を実感しているようだ【写真:Getty Images】

本人は回復を実感、W杯へ向けてまずは「ガーナ戦に合わせたい」

 日本代表の左サイドの攻撃の鍵を握るMF乾貴士(エイバル)は、リーガ・エスパニョーラ最終節前に負った怪我の状態が心配されたが、本人は回復を実感しているようだ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 22日に千葉県内で行われた日本代表合宿で、乾は前日の練習では室内でのトレーニングにとどめたものの、この日はピッチに現れ、別メニューながらスタッフと軽くボールを蹴る場面もあるなど練習に精を出した。「詳しいことは言えないですけど」と前置きしつつも、ロシア・ワールドカップ(W杯)が微妙な状況ではないと示唆している。

「徐々に良くなっていますし、打撲なんでね。ちょっと様子見で、徐々に直していく感じです。もも前です。室内では治療とか、体幹トレーニングとかを優先してやっていました。酸素治療とかもやったりして、体に良いことをやって徐々に回復しようというところです。とりあえずはガーナ戦に合わせたいですし、それに向けて調整しています」

 30日に行われる親善試合ガーナ戦は、現在招集されている27人から本大会登録メンバーの23人に絞る前のラストマッチとなる。西野朗監督に対して大きなアピールの場となるが、乾はここに照準を合わせていくようだ。

「中でのメニュー続きだったので、ようやく外に出られてトレーニングできました。外でみんなとワイワイとできることが、何より楽しいですからね」

 乾はトレーニングに合流できた楽しさを、こうも語っている。今季はエイバルでリーグ戦5ゴールを決めるなど決定力も向上した。W杯で少ないチャンスを生かすことになる西野ジャパンにとって、まずは朗報と言えそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング